ききしずプロジェクト

HOMEききしずプロジェクトみなとモデル二酸化炭素固定認証制度

みなとモデル二酸化炭素固定認証制度

静岡市は2012年2月8日、国産材利用推進事業「みなとモデル二酸化炭素固定認証制度」を創設した東京都港区と協定を結びました。
この制度では、港区内で建築される延べ床面積5,000㎡以上の建築物に、協定を結んだ自治体産出の木材を一定量使うよう建築主に推奨し、使用量に応じて二酸化炭素固定量を認証します。
この協定より、港区内の建築物に静岡市産材の利用を促進することが可能となり、市内の森林整備や地球温暖化防止に貢献します。

uni4m みなとモデル二酸化炭素固定認証制度

概要

●目的

東京都港区内の公共施設・民間建築物等での国産材の利用を促進することで、港区内の二酸化炭素固定量の増加、協定自治体等の森林整備の促進による二酸化炭素吸収量の増加を図り、地球温暖化防止に貢献する制度です。 平成23年10月1日より開始されました。

●制度のポイント

この制度では、港区と「みなと森と水ネットワーク会議」に参加している自治体から産出された木材(=協定木材)の使用を推奨します。
港区内で一定規模以上の建築(5,000㎡以上の建築物)を行う建築主は、二酸化炭素固定量認証申請が必要となります。
建築物等へ「協定木材」を積極的に活用し、「協定木材」の使用量に相当する二酸化炭素固定量を申請することで、港区から二酸化炭素固定量認証書の発行を受けることができます。

今後について

制度によって港区内で市産材が活用されることで、静岡市の適切な森林整備が促進されます。
それにより二酸化炭素吸収量の増加が図られ、地球温暖化防止に貢献するとともに、首都圏への市産材の販路拡大、PRがされ、静岡市産材の需要拡大にもつながります。

今後は市内の製材業者等に対し、同制度への登録を募ります。
登録後はそれぞれの木材業者の自主努力で港区内において営業を展開することになります。
この協定の参加を契機に、民間主導で港区をはじめとした首都圏への市産材の販路拡大を図っていただくことを期待しています。

静岡市では2月11日に開催された港区物産展に参加し、市産材活用製品やオクシズの特産品のPRを行ったほか、毎年度開催される「みなと森と水ネットワーク会議」等の機会を活用し、港区民に対し、静岡市の森林を使った環境学習、エコツアーなどへの参加を呼び掛け、区民を静岡市の森づくり活動に巻き込むような取り組みを行っていきたいと考えています。

納入実績

  • ・麻布子ども中高生プラザ(公共物件)
  • ・西新橋スクエア(民間物件)
  • ・PMO田町(民間物件)
  • ・港区立しばうら保育園(公共物件)

市内みなとモデル登録事業者

静岡木材業協同組合

〒420-0011 静岡市葵区安西2丁目21

TEL:054-271-7288

FAX:054-271-7268

協業組合ジャパンウッド

〒421-2118 静岡県静岡市葵区内牧 855

TEL:054-296-6534

FAX:054-296-6546

Web:www.japanwood.or.jp

株式会社中部メンテナンス

〒424-0031 静岡県静岡市清水区横砂中町20-1

TEL:054-363-6611

FAX:054-363-6622

静岡市森林組合

〒421-1212 静岡市葵区千代538-11

TEL:054-278-3141

静岡県森林組合連合会

〒420-0853 静岡市葵区追手町9番6号 県庁西館9階

TEL:054-253-0195

成澤木工株式会社

〒422-8033 静岡市駿河区登呂2丁目18番36号

TEL:054-284-7303

壽製材

〒420-0873 静岡市葵区篭上9-93

TEL:054-271-8005

FAX:054-271-4366

株式会社内外テクノス

〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町1-1 住友市ヶ谷ビル11階

TEL:03-5261-3412

エス・エルワールド株式会社

〒424-0911 静岡市清水区宮加三642番地

TEL:054-335-5451

株式会社福井材木店

〒424-0038 静岡市清水区西久保410-10

TEL:054-366-2672

安池林業

大石林業

宮本林産

山田林業

小林林業

望月林業

kikisiz (C) 2012